パピー・夢農園 ブルーベリー品種の紹介

系統別の特徴

 ブルーベリーはツツジ科スノキ属の低木植物で、酸性土壌の不毛地帯で優先的に群落をつくり、その中で自然交雑を繰り返し種を分化させて現在に至っています。 野生種は熱帯山岳地帯から温帯および、亜熱帯まで400種類ものブルーベリーが分布しています。北アメリカ大陸では先住のインディアンが野生のブルーベリーを数千年もの間に亘って採取し生食や保存食および薬として利用していたそうです。

 

 17世紀、イギリスからの入植者を飢えから救ったのは先住インディアンの生きるための知恵、とりわけ自然に自生するブルーベリーを利用する技術が非常に重要な位置づけだったと言われています。 

 

 現在園芸作物として取り扱われているブルーベリーは、アメリカ大陸の北東部から南部フロリダ州まで広範な気象条件の地域に自生している数種類の野生種が改良されたもので、「ローブッシュ系」「ハイブッシュ系」「ラビットアイ系」に大別されます。ハイブッシュ系は更に「北部ハイブッシュ系」「南部ハイブッシュ系」「半樹高ハイブッシュ系」の3種類に分類されます。 HPでは当園で栽培している北部ハイブッシュ(半樹高ハイブッシュ含み)、南部ハイブッシュ、ラビットアイ品種を紹介させていただきます。

 

■北部ハイブッシュ系品種
寒冷地での栽培に適した品種。香りと風味、酸味と甘味が調和した優れた果実品種を誇る系統です。
ハイブッシュ系品種の栽培には特に通気性・排水性に優れた土壌が必要なのですが、此処の土壌は粘土質で水捌けが極めて悪いため、現状の土壌では勿論育ちませんし、ピートモスやココヤシ資材を混合しただけでは根域の通気性・排水性が保てず生育不良となります。粘土質が根域に入らないように改良して育てることが前提となりますが、魅力的な品種が揃っている北部ハイブッシュ系品種ですので、それらの中から適応できる品種を絞り込み、特徴を引き出せるよう栽培技術を磨きたいものです。

 

■南部ハイブッシュ系品種
暖地での栽培に適した品種。
北部ハイブッシュ系の優れた果実品質と、ラビットアイ系の暖地適応性を備えた系統です。土壌適応性も高そうなので、今後栽培にチャレンジしてみたい系統です。

 

■ラビットアイ系品種
暖地での栽培に適した系統です。土壌適応性、耐暑性、耐乾性に優れ、強健で育てやすい系統です。粘土質の畑でも籾殻・ピートモス・ココヤシ系資材等の投入でほとんどの品種は自根栽培が可能なようです。また、ここ石巻での冬季の最低気温は氷点下8℃程度まで下がりますが、今のところほとんどの品種は良好な成長を見せています。樹上での熟成期間の長い品種が多く、熟成させた果実の味は素晴らしいです。他花受粉のため複数品種との栽培で結実が高まります。種子のザラザラ感が少ない品種を中心に選択したいと思います。

 

北部ハイブッシュ系品種

アーリーブルー

 

 
1952年発表(スタンレイ×ウェイマウス)
ビッグセブンを代表する優れた果実品質
大粒性と果実品質を実現。耐寒性強く果実生産性は中位。ブルーム多く明青色の果実。
落果・裂果少なく日持ちは良好。    

成熟期 果実の大きさ 食味

早生(7月上〜中)

果肉硬い。

酸味・甘味あり 香り風味優れる。

パトリオット

 

 
 
1976年発表(U53×アーリーブルー)
形は直立(樹高は120cm程度)
独特の風味があり完熟果は酸味と甘さが際立つ。ローブッシュの系統を引き継ぎ耐寒性は極めて強いが、発芽が早いため遅霜に注意。土壌適用性高く樹勢も強い。
生産性高く果実は大粒だが、剪定時の花芽調整と結実後の摘果を行わないと小粒が混じる。 成熟期の降雨により裂果・落果が多い。

成熟期 果実の大きさ 食味
早生(7上〜 大(楕円形) 独特の風味、酸味あり
デューク

1986年発表
(G1-100(Ivanhoe×Earliblue)×192-8)
ビッグセブンを凌ぐ第三世代の代表格で北部ハイブッシュの頂点と目された品種。土壌改良により自根栽培が可能。
多収で果実品質と貯蔵性に優れ市場出荷適。 長雨や多湿環境ではすす病、斑点病による樹勢低下に注意が必要。また、受粉後の花弁が残ると多湿状態となり、灰色かび病が多発。梅雨時期に熟期を迎える当地ではデューク本来の味を出すことが難しいことから現在は栽培中止。

成熟期 果実の大きさ 食味

早生(7月上〜

中〜大 果肉しまり良く香りあり
レカ

 

1988年発表
(E118(Asworth×Earliblue)×Bluecrop)
ュージーランド産。レカ=美味しい・甘いの意味(マリオ語) 土壌適用性に優れ自根栽培が可能。樹勢強く生育は良好。
 
花数多く豊産だが、玉揃いが良くないため摘果が必要。酸味が強いためしっかり完熟させてから収穫したい。収穫期間は長く、独特の風味を楽しめる。
降雨量が多く湿度も高い当地の環境下では、すす病・斑点病による樹勢低下が顕著。鉢植え等での雨よけ栽培が適すると思われる。不織布ポットでの半地植えでは好調を維持。夏季冷涼地域が最適。

成熟期 果実の大きさ 食味

早生(7月上〜中)

酸味強い 風味良好
ハナンズ・チョイス(Hannah's Choice)

 

 
000年発表(G136×G358)
甘さ・風味・硬さが改良された新しい品種。
糖度はデュークより20%高いとのこと。
明青色の果実は酸味が少なく甘くマイルドなため生食向き。
今後の主力になりえるか興味深く育てたい品種。  

 

成熟期 果実の大きさ 食味

早生(7月上〜中)

風味あり
酸味少なく甘くマイルド

ノースランド

 

 
 
967年発表(バークレー×19H)
 耐寒性と耐暑性ともに高い半樹高ハイブッシュ系品種。
土壌適応性高く自根栽培が可能。
果柄痕は小さく乾く。 小・中粒だが甘味があって摘み取り園での人気は高い。結果枝が多いため剪定による花芽調整は必須。  

成熟期 果実の大きさ 食味

早生

小・中 香りよく甘みあり 生食向き
スパルタン

 

1977年発表(アーリーブルー×US11-93)
US11-93(GM37(Jersey×Pioneer)×CU5(Stanley×June))
花遅いが成熟は早い。大粒・玉揃い良好。果肉硬く品質評価も高い。風味がよく酸味と甘みのバランスに優れた果実はブルーベリーの中でも最高傑作といえる品種。生食、ジャムとも最高の味わいである。
 
土壌適応性は極めて低く、ブルーベリーのなかで最も脆弱な品樹といわれている。栽培においては水の滞留・過湿には最大の注意が必要で、ピートモス・ココチップなどを主体とした排水性・通気性の良い土壌への改良が前提となる。当園の粘土質土壌では土壌改良しても自根栽培は困難であり、ラビットアイ台木による接木栽培が有効である。

成熟期 果実の大きさ 食味

早生(7月上〜中)

風味極めて良好、果肉硬く酸味と甘みが調和した絶品。
ブルーレイ

 

1955年発表
(GM37(Jersey×Pioneer)×CU5(Stanley×June))
ッグセブンの代表品種でブルークロップの兄弟品種でハイブッシュ系の主力品種。土壌適応性・耐寒性極めて強く自根栽培が可能。
ピートモス・ココヤシ・鹿沼土の混合用土やチップ畝での栽培でも根の活着も優れ生育は良好。 果実劣化は少なく大粒で粒ぞろい良く着果する。成熟期が揃うため収穫効率が良い。完熟前の酸味が強く早採りは禁物。 香味はブルーベリー品種でも最上位。
完熟果ははしっかりした酸味と甘味が際立ち個人的には大好きな品種です。しかしながら梅雨時期に長雨や高温多湿となる当園の環境ではすす病や斑点性の病気が発生しやすく果実品質が不安定となるため栽培を中止。
 

成熟期 果実の大きさ 食味

早生〜中生

香り・風味良く、酸味と甘味のバランスが良い。
ブルーチップ

 

1979年発表(Croatan×US193)
US11-93(GM37(Jersey×Pioneer)×CU5(Stanley×June))
収、大粒で玉揃いは良好。 土壌適応性高く自根栽培が可能。樹勢が強く生産性や果実品質が良好であることから、ブルークロップのリプレイス候補として検討される品種。 当地での成熟期は中生のブルークロップより早い。ブルームが豊富で美しい果実は、酸味が強いため早採りせず完熟時期を見極めて収穫したい。 ブルーチップ特有の症状として、収穫後の株の衰弱期において、葉に赤褐色の斑点が見受けられ、さび病状の様相となる。この症状は、結実させない幼木でも夏以降に発生する。新たに購入した苗においても同様の症状が現れる。対策が見当たらないので栽培を中止。

成熟期

果実の大きさ 食味

早生〜中生

完熟前は酸味強いが
完熟果は美味

ブルークロップ

 

1952年発表
(GM37(Jersey×Pioneer)×CU5(Stanley×June))
ブルーレイの兄弟品種。 総合力に優れたデメリットの少ない優等生でハイブッシュ系の主力品種となっている。耐病性・耐寒性に優れ土壌適用性が強く自根栽培可能。果実生産性は安定しており結実過多の傾向。
 
しかし、梅雨時期に長雨や高温多湿となる当園の環境ではすす病や斑点性の病気が発生しやすく果実品質が不安定となるため栽培を中止。

成熟期 果実の大きさ 食味

中生

中・大 果粉多く果肉は硬い。やや酸味あり、香り良し。

 

カーラズチョイス(Cara's Choice)

 

 

000年発表(G114×US-165)
収量性は中位、果柄痕小さく乾き良。果皮は明青色で美しい。糖度はブルークロップより30%高いとのこと。
樹上での品質低下が少ない。成 熟後数週間後でも甘さ・酸味・硬さ・風味の劣化が少なく熟成した味を堪能できる。
 
主力として育てていきたい品種ではあるが、梅雨時期の湿度の影響が大きい当地ではマミーベリーの症状が出易いので、小まめに草刈を行うなど風通しを良くし、地際での結実を避け高所側に成らせるなどの予防策が必要である。

成熟期 果実の大きさ 食味

早生・中生

風味があり、甘さと酸味のバランスは良好。しっかりした味で美味しい。
エチョータ

 

 
1999年発表(E-33×NC683)
 幼木段階での脆弱性が指摘されているが、順調に生育しており樹勢は強い。
収量性は安定して高い。熟期が揃い、まとめて収穫ができる。果皮は明青色で美しい。果柄痕の状態は良。しっかりした果肉は酸味と甘みが調和し日持ち性も良好。当園の主力品種。 若枝は柔らかいため果実が重みで地面に着く場合があり支えが必要。

成熟期 果実の大きさ 食味

早生・中生(7月上〜中)

甘みと酸味が調和して美味しい
ミーダー

 

 

 

 
971年発表(アーリーブルー×ブルークロップ) 土壌適応性高く自根栽培が可能。
 
耐病性に優れている。
果柄痕の乾き良く品質が良好。
着色後速やかに甘みが増してくる。果実の熟期が揃い収穫効率が良い。 

成熟期 果実の大きさ 食味

早生〜中生

中・大

酸味・甘味あり、硬めの果肉

チャンドラー

 

1994年発表(ダロウ×M-23)
ルーベリーで最大級の果実サイズを誇り、1番果は500円玉サイズに肥大。 土壌適応性が高く自根栽培が可能。根張り良く樹勢は強い。
 
果実生産力は安定しているが、成熟期間が長く完熟しないと酸っぱい。樹上でしっかり完熟させてから収穫したい。大粒で程よい硬さの果実は食べ応えがあり、酸味と甘みを持ち美味しいが、熟期を過ぎると味が抜けるなど収穫のタイミングが難しい。甘酸のバランスや風味ではブリジッタに一歩およばず。 降雨量が多く湿度も高い当地の環境下では、すす病や斑点病に注意が必要。

成熟期 果実の大きさ 食味

中生〜晩成

(7月下〜8月上)

大・特大 風味良好、完熟果は酸味と甘みがあり美味しい。
コビル

 

 

 
1949年発表(GM37(Jersey×Pioneer)×Stanley)
ビル博士が最後に選択した最も優秀な品種。 土壌適応性は高い。根張り良く樹勢は強いが、多湿環境下でのすす病、斑点病に注意。
香りと酸味の強さが最大の特徴、完熟時の味覚は超一級品。完熟前は酸味強いため早採りは禁物。樹上でしっかり熟成させること。ただし収穫は熟期を過ぎて味が抜ける前に済ませること。収穫技術が物をいう品種。  

成熟期 果実の大きさ

食味

 

中生〜晩成

(7月下〜8月上)

風味良好 酸味強いが完熟果は甘味が増して美味しい
レイトブルー

 

 

1967年発表(ハーバート×コビル)
コビルと似通った性質で共通点が多が、枝質が非常に硬く収穫期の果房の重みでも枝が下垂しない(コビルは枝が柔らかい)。
 
収穫期はコビルより1週間程遅く北部ハイブッシュ系ではエリオットに続く最晩生種。果実生産性が高く成熟期が揃う。果実は硬質で品質は安定、熟期の判定も容易である。風味は良く酸味の強い果実はしっかり熟成して収穫したい。当園ではコビルより樹勢・果樹品質が安定しており晩生の主力品種。

成熟期 果実の大きさ 食味

晩生

(7月下旬)

酸味強いが熟すと甘みと酸味が調和しおいしい。 風味は良く果肉は硬い。
ブリジッタ

 

 

1978年発表(レイトブルーの自然受粉)
オーストラリアで発表。比較的温暖な地域でも栽培可能な北部ハイブッシュ系品種。 土壌適応性は高く自根栽培が可能。樹勢強く果実生産性も高く安定している。
果実は硬く品質は良好。輸送性高く日持ちも良い。樹上での完熟果は劣化が少ないため長期間熟成した味を堪能できる。 分枝傾向が強く樹形はブッシュ状に。着花数が多いため摘花が必要。当園ではコビルより樹勢・果樹品質が安定しており中生〜晩生の主力品種。
 

成熟期 果実の大きさ 食味

中生〜晩生

果肉硬い。しっかりした甘味と酸味が調和し風味は良い。
ネルソン

 

988年発表
(Bluecrop×G107(F72×Berkeley)
ブルークロップ(母)・バークレイ(祖父)の良さを引き継ぐ有望品種。 耐寒性、収量性は良好。
果皮は明青色、果柄痕は乾き良好、果肉引き締まり食感は良好。酸味があるのでしっかり熟成させて収穫したい。甘味が乗った熟成果は風味が良く美味しい。晩生の主力品種。     

成熟期 果実の大きさ 食味

中生〜晩生

風味優れ果肉の食感はよい。 まろやかな酸味がある
ルーベル

 
911年発表(野生種の選抜)
野生種からの選抜されたブルーベリーの元祖といえる品種。 耐寒性・耐病性高い。
 
アントシアニン含有量は他のブルーベリーの2倍程度と突出しており機能性に注目されている。加工素材としての評価が高いのだが、生食では酸味が少なく甘味があって美味しい。 
 

成熟期 果実の大きさ 食味

中生〜晩生

(7中〜7下)

 

果肉しまり良く香りあり
酸味少ない甘み系

 

 

 

 

 

南部ハイブッシュ系品種

オニール

 

 
987年発表(ウルコット×Fla4-15)
土壌適応性が高い。樹勢は非常に強く生産も安定している。
果実の硬さ、風味がすぐれている。果柄痕の状態も良好。
南部ハイブッシュ系の標準品種と位置づけられている。
 

成熟期 果実の大きさ 味覚

早生(7月上〜中)

中・大

めの果実、風味良く美味しい

 

サミット

 

 
1998年発表(G144×E14-76)
(当園2015年導入)
半直立性、樹勢は極めて強い。
本品種の開発には宮城・岩手等と同緯度のメリーランド州が関わっていることや低温要求量800時間という特性から、北部ハイブッシュ系に近い性質を持つのではないかと想定できる。
酸味が強いため熟成させてから収穫すること。

成熟期 果実の大きさ 味覚

中生(7月中〜8月上)

甘味と酸味の調和がとれ、風味のあるスッキリした味わい

 

サウザンスプレンダー

 

 

 
2010年発表(リベイル×Palmetto)
米国パテント品種
(当園2015年導入)
「美味しさを最優先に開発された新品種」「果実はすばらしく硬く、風味はたいへん良い、花柄痕は乾いて小さい」とのカタログ表記とは異なる結果に・・・
果実の硬さは普通、甘味はあるが風味は乏しい、熟期は揃うが落果が多いなど当園の環境に合わないのか、期待ハズレ・・更改対象。

成熟期 果実の大きさ 味覚

早生(7月上〜中)

中・大

めの果実、風味良く美味しい

 

ノーマン

 

 

2015年発表(G556×レガシイ)
日本特許品種
(2015年導入)
樹勢強く、土壌適応性高い。
熟期は揃う。樹上での品質維持期間長いため完熟果の収穫が可能。早採りは美味しくないのでしっかり熟成させて収穫したい。

成熟期 果実の大きさ 味覚

早生

完熟すると酸味と甘味の調和も取れて風味が増す。果実は引き締まり食感よく美味しい

 

ビューフォート

 

 

2005年発表(NC1406×ペンダー)
米国パテント品種
(2015年導入)
樹勢は強い。剪定時の花芽調整を行わないと小粒果が多くなる。
風味ありスッキリとした美味しさが際立つ。
後半の甘味が乗りにくいのは日照の影響か。

成熟期 果実の大きさ 味覚

中晩生

めの果実、風味良く美味しい

 

 

 

ラビットアイ系品種

クライマックス

 

ビットアイ系の中では比較的樹高が低く、樹形も穏やかである。
果実サイズは中粒だが、豊産性で糖度高く美味しいが、種子のざらざら感が気になる。
果実の熟期は比較的揃うが、完熟前後の味の違いが大きいので、完熟果を見極めて収穫したい。
成熟期に長雨にあうと果実の裂果・落果が多くなる。受粉樹にはオースチンが推奨されているようだが、その他品種でも結実性は高い。
(現在は栽培していない)

成熟期 果実の大きさ 味覚

中生
(8月上〜中)

香り良、熟果は糖度が高く美味しい
ティフブルー

 

 

エセル・クララの交配種)
ラビットアイの標準品種とされる古い品種だが、常に高い評価を受ける優等生。
熟練した技術により収穫した大粒の完熟果は北部ハイブッシュ系品種に四敵するレベルとの評価を得ている。種子のざらざら感も少なく、樹上で十分に熟成させると非常に甘くて美味しい。
降雨後の裂果が気になる。
受粉樹にはブライトウェル、ブライトブルー、パウダーブルーなどが推奨されている。

 

 

 

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩生
(8月中〜9月中)

中・大 果肉しまり香り優熟果は香りが優れ美味しい
パウダーブルー

 

メンデイトゥー・ティフブルーの交配種)
ラビットアイ系でトップクラスの豊産性で中粒サイズが揃う。
果実硬くティフブルーとならぶ高い評価。果柄痕は乾き、果実の裂果は非常に少なく保存性にも優れる。しっかり完熟させてから収穫すると非常に美味。ティフブルーとの混植による相互受粉樹としての親和性が高い。

 

 

 

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩生
(8月中〜9月中)

ブルーム多く果実は硬い
香り優れ生食に向く

ブライトウェル

 

ティフブルー・メンディトーの交配種)
果実はパリッとした硬質感、香り良く美味いが種子のざらざら感が気になる。
豊産性で粒揃いも良好。雨による裂果は少ない。
完熟期のシビアな判断は必要なく「大衆向け」。受粉樹はクライマックスが推奨されている。

 

 

 

 

 

成熟期 果実の大きさ 味覚

中生
(7月下〜8月中)

中・大

硬質感あり
酸味少なく甘い

ブライトブルー

 

エセル・キャラウェイの交配種)
果実品実の評価はティフブルーとほぼ同等であるが裂果が少なく日持ちが良い。
当園での熟期はブライトウェルの少し後、ティフブルーの少し前であり、ティフブルーの後とするカタログとは異なる。
大粒果実の品質が良いのでティフブルーと平行栽培したい優良品種といえる。
非常に実付きが良いため摘果しないと小粒が多くなる。受粉樹はティフブルー、ブライトウェル、パウダーブルーなどが推奨されている。
完熟前の酸味強いためしっかり熟させてから収穫すること。

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩成
(8月上〜8月下)

中〜大粒

果肉しまり・香り良
完熟果の甘酸バランス良好

オースチン

 

 

味 果実は明青色、果肉硬く風味は良い。
特徴 樹勢強く果実生産性は高い。
完熟判断の失敗が少なく、気軽に食べられるので、摘み取り園での評価は意外に高い。
受粉樹にはクライマックス、ブライトウェルが推奨されている。

 

 

 

 

 

 

成熟期 果実の大きさ 味覚

中生
(8月上〜8月下)

果実は明青色、
果肉硬く風味は良い

ホームベル

 

950年発表(ラビットアイの代表品種)
土壌適応性が高く、樹勢は極めて強い。挿し木増殖が容易。
完熟判断の失敗が少なく、気軽に食べられるので、摘み取り園での評価は意外に高いとのことだが
此処では接ぎ木用の台木にのみ使用している。
 

成熟期 果実の大きさ 味覚
中生 小・中

 果肉厚め
酸味が少なく甘味あり

オンズロー

 

 

001年発表
果柄痕は乾き、果実は硬い。収穫後の品質低下が少なく、日持ち性に優れる。
種子のザラザラ感が少なく酸味と甘みが調和して美味しい。
他のラビットアイに比べ耐寒性に優れる。
土壌適応性に優れ、高pH土壌にも強い。

 

 

 

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩生
(8月中〜9月中)

風味よく甘酸のバランス良好
バルドウィン

 

985年発表(ティフブルー×GA6-40)
結実性に優れる。収量性高く収穫期間は長い。
果皮は軟らかいがしっかりした食感。果柄痕小さく乾く。
風味があり甘く食べ応えあり。
完熟後の樹上日持ちも良く収穫期間中の果実の硬さは安定。受粉樹はブライトウェル、パウダーブルーが推奨されている。
残念ながら当園では結実が非常に悪いため更改対象。
 

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩生
(8月上〜9月上)

果皮柔らかく
風味よく甘味あり

ヤドキン

徴 1997年発表
果実が美しい。
果柄痕の状態は優れている。
香りよく風味は非常に良い。
種子のザラザラ感は少ない。
裂果少なく
雨による烈果が激しい。
収穫後の日持ちは良い。
自家和合性は高く他家受粉で成熟が早まるとのことだが当園では結実が非常に悪いため更改対象。

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩生
(8上〜9中)

中・大 香りよく風味は非常によい
コロンバス

 

002年発表
収量性は高い。果実は軟らかめ。風味非常によく種子のザラザラ感は少ない。
果色良く全体的にサザンハイブッシュの感じか。
果柄痕の状態良く日持ち性は良好。風味の良い果実は雨による裂果も少ない優秀な品種といえる。
耐寒性は他のラビットアイ品種と比較すると低い受粉樹はティフブルー、パウダーブルーが推奨されている。
 

成熟期 果実の大きさ 味覚

晩成
(8月中〜9月中)

果肉軟らかめ
風味はたいへん良い

 

 

タイタン

 

 

2012年発表
米国パテント
直立性
樹勢非常に強い
果実は特大サイズが揃い収量は多い
雨による烈果が激しい

 

(2015年導入)
 
 
 
 
 

成熟期 果実の大きさ 味覚

極晩生
(8月上〜

特大

完熟果は硬く風味良好
完熟前はもっさりとした感じ

 

 

モンゴメリー

 

 

1997年発表
米国特許
NC763とプリマイヤーの交配
半直立性
収量は安定して多い
 
 
 
 
 
 
 

成熟期 果実の大きさ 味覚

極晩生
(8月上〜

中・大

香り・風味良好
種が気にならず甘酸のバランス良好