パピー・夢農園 ブルーベリー栽培の紹介

農園日誌2020

1月17日
(最低気温0.7℃、最高気温6.2℃)
 このところ毎日のようにジョウビタキ(雌)が訪れております。庭とブルーベリー畑がお気に入りの様子。ネコ太という天敵が亡くなって久しいのですが、野鳥たちにとっては楽園かも。
  

 

 ブルーベリーの剪定作業を行っております。年末にかけて狂い咲きした品種を除き、花芽の付き具合は良好なようです。摘蕾も同時に行っているので1枝に花芽は2・3個。春先の凍害や野鳥の食害が無いように祈るばかりです。

 

 

 

1月1日
(最低気温0℃、最高気温7℃)暴風警報

 

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

 

毎年、今年こそは・・と気合を入れて臨みますが、なかなか思うようにいかないのがブルーベリーでありますが、新年ですから、今年こそは!と気合をいれているわけであります。
基本に立ち返って、微生物の環境を第一に考えることはもちろんですが、周辺の果樹を含めた害虫防除、殺菌、草刈り、水遣り等、これらをタイミングを逸しないように確実に行って美味しくて品質の良いブルーベリーを作りたいと思っております。

 

年末に裏山に登り、様子を見てきました。いつもながら綺麗に落葉が敷き詰められた土壌環境に感激してしまいます。
ここも間伐など手を入れてあげたいのですが、手前の竹やぶの手入れをしているうちに春が来てしまいます。
 

 

ミツバチ達も元気に年を越すことができました。今年はアカリンダニの影響もなさそうで、鉢数もあまり減少していないようです。
また、巣箱内へのスムシの発生もほとんど無いので蜂達はとても穏やかです。この調子を春まで維持できればと思います。